憧れの職業に就きたいならネイリスト求人を見てみよう

男女

それまでの経験を武器に

ペンと書類

強みをアピールする

転職活動を行う時に履歴書だけでなく職務経歴書を利用するのは、それまで経験してきたことや習得したスキルを詳細に書くためです。履歴書には学歴や資格、退職の理由、志望の動機を記載しますので、それまでに培ってきたものをアピールするのは職務経歴書しかありません。職務経歴書に強みとなる部分を効率良くアピールできれば、採用担当者にも良い印象を残すことができます。転職活動時には同じような経験やスキルを持つ人達が多数集まってくることが予想されますので、できるだけ理路整然と伝わりやすい職務経歴書を作りたいところです。特に専門職の人は培った経験とスキルで勝負していくことになりますので、どれだけ良い職務経歴書を作れるかがカギになります。

読み手を考えた書類作り

職務経歴書を作る時には、読み手を考えてできるだけ分かりやすい書き方を心がけなければなりません。採用する側は一度に多くの書類に目を通さなければなりませんので、読みづらい書類にも意欲的に目を通そうとは思わないはずです。書き方としては、極力箇条書きにすることと文章ごとに見出しをつけるという方法が人気があります。伝えたい内容がたくさんあるとだらだらとした文章を作ってしまいがちですが、簡潔にした方が読み手にはスムーズに伝わりやすくなります。また、見出しをつけておくと採用者側が必要な情報を瞬時に把握できてとても便利です。そのような心づかいのされた書類を作れる人なら仕事に関しても信頼できるのではないかと思わせることができます。